審美歯科とは

歯科といえば、歯列矯正や虫歯の治療、銀歯や入れ歯の制作およびメンテナンスなどを行うのが目的です。本来、生活に害を及ぼす機能的な問題の治療を行うのを目的にしているため、それ以外の目的では健康保険が適用されないという特徴があります。一般的に健康保険が適用されないのは、機能面ではなく見た目を重視した治療です。たとえば口蓋裂など先天的に噛み合わせに支障が出る場合や顎の変形があり普通に食事を摂ることができない場合などに行う歯列矯正は保険が適用されますが、見た目を良くするための歯列矯正には保険が適用されません。

最近では美しい歯も美容の一つの要素と考え、自費診療であっても歯の見た目を良くする治療を行いたいという人が増えています。ホワイトニングやセラミッククラウンなど、単純に見た目を良くするためだけの施術は普通の歯科でも行えますが、それを専門に扱っているのが審美歯科です。整形手術などを行う美容外科の歯科版とも言えますが、美容外科は標榜科の一つとして正式に認められているのに対して、審美歯科はあくまで正式なものではなく、美容専門であることがわかるように名乗っているに過ぎません。そのためもあってか、病院というよりは歯のエステサロンと表現されることが多いです。

まだまだ聞きなれない審美歯科について、よく知らないという人がほとんどだと思います。興味のある人は知っておきたい、一般の歯科との違いや審美歯科を選ぶメリットなどを説明します。