一般の歯科との違い

審美歯科と言っても、あくまでもそう名乗っているだけなので、明確な基準や決まりがあるわけでもなく、一般の歯科と絶対にここが違うというポイントはありません。ですが、見た目を整えることを重視しているという点は全ての審美歯科に共通しているので、それを踏まえて一般的なポイントを紹介します。

一般の歯科でも、審美歯科で扱っているホワイトニングやセラミッククラウンなどを行っている病院もあり、逆に虫歯の治療など一般の歯科と同じ治療が受けられる審美歯科もあります。スポーツドクターはスポーツ選手特有の怪我や病気に特化していますが、一般の患者の診療も可能なのと同じです。審美性を目的とした治療を得意としているため、見た目がきれいに仕上がると考えればいいでしょう。また一般・審美というように、一つの病院でどちらも扱っている場合もあります。保険が適応される治療の場合、病院によって料金が大きく違うということはありませんが、保険適用外の施術は病院ごとの料金の差も大きく注意が必要です。

ホワイトニングなどは施術に時間がかかるため、一般の歯科ではあまり取り扱っていません。病院の方針などにもよりますが、審美性を重視した治療をそもそも行っていなかったり、専門ではないため得意ではなかったり、機材や製品が十分にそろっていないという場合もあります。